On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

突撃ご家庭訪問 初日

今日から、突撃ご家庭訪問。
朝の7時から、村長の代理人であるJeremieのお宅にお邪魔する。
本人はもう既に畑に出かけていて、家には彼の奥さんと子供たちがいた。
まずは一緒にピーナツの殻むき。
それから、ピーナツをグリルするというので、キッチンを見せてもらった。
案の定、あまり風通しのよくない部屋の中で、例の3点石のかまどでもくもく煙を出しながら料理していた。
mini_RIMG1756.jpg
いやー身体に悪そうだ。
それから、グリルしたピーナツの薄皮むきをする。
殻むきも薄皮むきも、一個一個やるので、とっても時間がかかる。
村ではこういう手間のかかる作業がとても多い。
更に、私が薄皮むきをしている間、彼女は赤ちゃんにミルクをあげたり、身体を洗ってあげたり、他の子どもたちの面倒をみたりと他にも仕事がたくさんだ。
畑に行ってなくても、することいっぱいあるんだなぁ。

それから、ちょっと畑を見に行こうということで、一緒に出かける。
家から歩いて10分くらいなのだが、畑に着く前に橋のない川を渡らなければならなかった。
mini_RIMG1761.jpg
しかも下が石で、滑る。これまた大変そうだなぁ。
今は乾季で水が少ないけど、雨季で水量が増えたらもっと大変だろうな。

彼の畑のプランタン
mini_RIMG1757.jpg
カカオ
mini_RIMG1758.jpg
パイナップル
mini_RIMG1759.jpg
家に大人がいなければ、一番上の子が他の子の面倒も見る。
mini_RIMG1763.jpg
ちなみに彼女は12歳。

畑のあとは、CEACの主催する集会へ出かける。
内容は、マイクロクレジットプロジェクトの紹介のような感じ。
やる気のある若者が、小規模な収入向上プロジェクトを計画してプロポーサルを提出すれば、内容によっては行政からお金がおりるよ、というような話。
20人近い人が集まっていて、事前に知っていた何人かはもうすでにプロポーサルを書いているようだった。
締切は明日なので、希望があれば明日まで出してほしい、と。
私自身、今までそういう支援の存在自体知らなかったけど、それをこうやってちゃんと紹介するってなかなかすばらしいなぁ。
どういうプロジェクト案があるのかまでは分からなかったけど、実際この中から、それを実現する人が出てくるといいな。
スポンサーサイト
【2010/03/23 16:19】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<ハリネズミ | home/a> | ちょっとずつ、始動?>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。