On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

展開

昨日に引き続き、今日も村人へのアンケート。
そのついでに、昨日聞いたマルシェ再開についても尋ねてみた。
彼曰く、再開にあたっての問題は曜日なのだという。
毎日、どこかしらの村でマルシェがあるのだが、以前Kediaでマルシェを開いていた水曜日は、Bafiaの近くにある、幹線道路沿いのOmbessaという町でもマルシェがあるので、人々はそちらに行ってしまうそうだ。
でも実は村でもマルシェを再開する計画があり、今年の8月を予定しているそうだ。
その時は、Kediaの先にあるヤンベンという村でマルシェのある土曜日が候補になっているとか。
そっか、それはいい。

それから一旦家に帰ったところ、なんと今日も天井の工事をしていない。
朝出かける前に聞いたら、今日は働くと言っていたのに!
こちらは毎朝8時からの仕事に出かける前に、5時起きして、掃き掃除(夜の間に屋根と壁の隙間から虫が入ってきて、朝になると床に大量の死骸が転がっているので)をして、朝食を作って、身支度を整えて、川に洗濯に行って、更に工事ができるように家じゅうのものを片付けているというのに。
夜も、家の中を飛び回る虫がすごすぎて家の中にいられないので、外に座って時間をつぶしているというのに。
さすがに頭に来て、JICAの調整員H氏に報告したところ、ついに、「工事が終わるまでヤウンデ戻ってくる?」と聞いてくれた。
うーん、金曜日までは仕事があるけど、その時点でまだ終わっていないようなら、そうしようかなぁ。

そのあと、二人いる職人のうち後輩格の方を見かけたので、とっつかまえて事情を聞いてみたところ、どうやらもう一人との人間関係がうまくいっていないらしい。
彼とはもう仕事ができないとか言っている。
もう、そんなの知らないよ。
それじゃあ進む見込みなんてないじゃん。
やっぱり今日にでもヤウンデに帰ろうか。
更にそのあともう一人の先輩格の方に出会って聞いてみたら、材料が今日の夜届くのを待っているんだ、とか言っているけど、あなた今朝、今日は仕事するって言ってたじゃん。

午後の仕事を終えてからもう一度H氏にTELしたところ、実は別の予定で近くまで来ているので、村まで来てくれるという。
それは助かる。

16時頃に彼が到着し、CEACのディレクターと先輩格の方の職人(どっちかというとこっちの方が問題がある感じ)を交えて話し合いをする。
このままなら私をヤウンデに連れて帰る、と言ったのが効いたようで、最終的に、
・足りない材料をこれからすぐに取りに行く。
・明日から工事を再開し、月曜までには天井とトイレのドアの工事を全て終わらせる。
・私は元々金曜にヤウンデに帰る予定だが、月曜までに工事が終わらなければ、そのまま工事が終わるまでヤウンデに残る。
・工事が終わるまでディレクターが仕事を監視する。
ということで話がついた。
正直まだちょっと半信半疑だけど、これで事態は何かしら変わることだろう。
スポンサーサイト
【2010/03/10 23:18】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<GICへのアンケート2 | home/a> | Kediaでマルシェ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。