On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

現地訓練終了

今日は語学訓練の最終試験&最終日。
朝、教室に行ったら、マダム・ローズが私たちのために作った曲を歌ってくれた。
「今日は訓練最後の日。さあ踊りましょう♪」
RIMG1467.jpg

最終試験とはいえ、筆記はなく口頭だけで、ほとんどただの会話に近かった。
マダム・ローズには、「本当にあなたは特別。」と、ありがたいおほめの言葉をいただいた。
自分ではまだまだまだまだと思うけど、これを励みにこれからもがんばります。
でもこれからは彼女なしでやってかなきゃなのだなー
彼女は話し方はすごく分かりやすいし、こっちの言わんとすることも汲みとってくれるので、本当にありがたかった。

そして、教室を借りていた「AFRICA JAPAN HOUSE」のみなさんともひとまずお別れ。
社長のンジョヤさんは日本に長年住んでいた経験のある人で、ここで週に何度か、カメルーンの若者に日本語を教えている。
RIMG1469.jpg

日本びいきでJOCVの事業にも理解があり、「みなさんのやっていることは、本当にすばらしい。お金をあげるのではなく、この国の人が、自分たちの力で自分たちの国を発展させることが必要なんだ。あなたたちはその手助けしている。すばらしいことです。でもこの国の人はそれをしらないんだ。だからそれを伝えたい。今度そのプロモーションビデオを作ろうと思います。」とのことだった。
そういう風に思ってくれている人がいるのはありがたい。

でも、そうでなくても、日本人はけっこう評判がいいみたいだ。
「シノワ!(中国人)」と呼びかけられることがよくあるけど、日本人だと分かると「おーっジャポネ!」とちょっと態度が変わる。
「あなたの国に行くのが夢だ」と言われることもよくある。
実際にはいろいろ問題はあるけど、日本が良い風に思われているのはやっぱりちょっと嬉しい。

ちなみに、日本の評判がいいのには、日本が援助して、カメルーンででたくさん小学校を建てていることも大きな一因。
その小学校建設に10年以上前から関わっている日本人のOさんという方がいるのだが、今日の夜、JICA事務所のKさんの紹介で、ご飯をご一緒させてもらった。
K大の研究員で、長年カメルーンのピグミーの研究をしている文化人類学者の女性も一緒で、いろいろと興味深い話を聞かせてもらった。
彼女曰く、「この10年くらいで、都会の方はすごく発展したけど、田舎の方は全く変わらない。むしろ、格差が広がって、悪くなっているくらいだ」とのことだった。
そういう話は本とかでよく目にするけど、実際研究してる人を目の前にして聞くと、リアルだ。
それから、色んな段階をすっとばして、TVとか携帯とかが入ってきて、負の影響が大きい、という話にもなった。
確かに、カメルーン人テレビ好きだもんなーーー
とにかくずーっとひたすら見てる。
それから携帯も、一般人からしたらかなり通話料は高いと思うのだけど、けっこう用事もないのにかけることが多い。
どっちも、生産性はないもんなー
なかなか考えさせられた。

さあ、私には何ができるかなー。
スポンサーサイト
【2010/02/12 22:35】 | 現地訓練 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<何しよう? | home/a> | マダム・ローズ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。