On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

カメルーン×セネガル戦

カメルーンと言えば、サッカー!!
サッカーと言えば、カメルーン!!(?)

ということで、行ってきましたカメルーン×セネガル戦。
0604 (1)

日本人だけだと危ないかも…。
ということで、一緒に行ってもらった、元JICA職員の運転手さん、プロスペール。
0604 (12)

気合いの入り方が違います…!!

車を置いて歩くこと約30分。会場のスタジアムに到着!!
0604 (2)

カメルーンチームのバスがやってくるのやら。
0604 (3)

チケットのない人たちが強硬突破しようと壁をよじ登ったりするのを横目で見つつ。
0604 (4)

試合前練習が始まってから、ようやく入場できました。
0604 (5)

0604 (6)

0604 (8)

なかなか気合いの入った人たちがいます。
0604 (7)

0604 (10)

さて、試合の方はと言えば。

私、サッカーの方はとんと分かりませんが…(サッカー観戦初めて)

完全にカメルーンが押せ押せのかんじ。
0604 (9)

相手チームの監督さんがレッドカードで退場になり、私たちのいる客席エリアに入ってきて、そっから伝令使ってフィールドに指示を飛ばしたり(退場の意味なくない?)、とある選手に交替の指示が出たことに客席からブーイングが出て、カメルーンのキャプテン・エトーがその選手を連れ戻したり、とずいぶんごきげんな展開のようで。

そして、点が入らないまま試合は終盤へ。

ここで、明らかにカメルーンよりの審判が、セネガルチームにファールの判断。

我らがエトーのフリーキック!!

が、ゴールポストに嫌われた瞬間…

会場、シーーーーーン。

ということで、完全にカメ寄りの審判、終始押せ押せの展開だったにも関わらず、試合は0-0の引き分けで終了。

殺気立ったカメルーン人たちの中、どうにかこうにか無事にドミに帰りつきました…。

この試合でセネガル人たちは大喜び(とセネガルの同期からメールが)。
エトーは戦犯扱い。
選手たちは夜中まで競技場を出られず、一般人で死者が4名出たらしい、とのこと。

とりあえず、カメルーンにいる間にサッカーが見られてよかったけど、サッカーにかける情熱…一歩間違えると恐ろしいものがありますね~。(他に娯楽がほとんどないからな…)

0604 (11)
会場から出るバス。乗車率200%くらい?
スポンサーサイト
【2011/06/04 20:59】 | 日々のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<子どもたち | home/a> | ボロロの棲み処>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。