On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

カメ料理レストラン?Chez E

Bafiaの同期隊員Eは、4か月前に自宅に改良かまどを設置(10/23の日記参照)してから、料理に目覚めたらしい。
かまど設置以前は、8か月間で自宅で料理したのは二回だけ、だったのが、最近はこのかまどでカメルーン料理を頻繁に作っていると聞いた。

そこで、久々にお邪魔した今日、彼がおもむろに何か作り出した。

タマネギ、魚のくんせい、とうがらし、挽いてペースト状にしたピスタチオ(と呼ばれてるけど私が日本でピスタチオと呼んでいた木の実とは別物。スイカみたいな植物の実の種)などを混ぜて
RIMG1393.jpg

葉っぱに包んで、少しだけ水を入れた鍋で蒸す。
RIMG1395.jpg

「Mets de pistache(ピスタチオ料理)」と呼ばれているこの料理、練り物的な食感で、これを好物とする隊員も多い。
RIMG1399.jpg

RIMG1404.jpg

出来たては久しぶりに食べたけど、おいしい。
(赴任当初の語学訓練期間中に、私もみんなと一緒に作ったことがある)

さて、Eともう一人遊びに来ていたYさんと、このメッドピスタシュを頬張っていたら、Eの家の大家さんが差し入れを持ってきた。
RIMG1405.jpg

「オコック」と呼ばれる、葉っぱを煮込んだこの料理。
Eは「お茶漬けみたい」と言って好んで食べるが、苦味があって私はあんまり得意じゃない。

カメルーンの食文化にすっかり溶け込んでいるEに、多少の尊敬の念を抱いたこの日の出来事であった。
スポンサーサイト
【2011/02/21 15:53】 | 日々のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<バンビ。 | home/a> | PNDPがやってきた。>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。