On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

ベナン・ネリカ研修前夜「再会」

2/2~2/9にかけて、ベナン国の「アフリカライスセンター」というところで実施されたネリカ研修に参加した。(ネリカについては1/11の日記参照)
ベナンは、ナイジェリアを挟んでカメルーンの西隣に位置する西アフリカの国。
日本でも有名な(だった?)ゾマホンの出身国である。

で、アフリカライスセンターとは、ベナンの経済首都であるコトヌーに本部を置き、イネの品種開発・普及を行っている国際研究機関で、ネリカもこの機関が開発したものである。
このアフリカライスにはJICAから専門家としてS氏が派遣されており、今回の研修はこのSさんを講師として、稲作やネリカに携わっている、もしくは携わりたいと考えている隊員が、ネリカ栽培や普及に関する知識・技術を習得するためのものである。


さて、まずはベナンへ。
今回は、ヤウンデからではなくカメルーンの経済首都・ドゥアラの空港から出発のため、朝8時にヤウンデを出て、借り上げタクシーでドゥアラに向かった。

カメルーンに来て以来、約1年以上ぶりの空港!
RIMG0882.jpg

…だけど、飛行機ぜんぜんなーい。
さすが、カメルーン。

そして、何のアナウンスもなく遅れる出発。
ようやく呼ばれたと思ったら、バスとか渡り廊下でなく、外へ出て(飛行場に降りて)歩いて飛行機へ。
どちらも初めての経験であった。
さすが、カメルーン。

カメルーンとベナンはかなり近いので、飛行時間1時間半程度で無事にベナンに到着。
RIMG0886.jpg

今日はもう時間が遅かったため、町に出ることは断念し、ホテル前の中華レストランで夕食をとることになった。

この夕食の席で、ベナンに派遣されている訓練所の同期&セネガルから参加の訓練所のクラスメートに再会。
髪型とかは若干変わっていたが、相変わらず愉快な彼らに、嬉しくなりました。

明日からいよいよ、アフリカライスで研修開始。
スポンサーサイト
【2011/02/01 21:40】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<ベナン・ネリカ研修初日「ビアガーデン」 | home/a> | コミス二日目。>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。