On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

Kribiにやってきた。

IMG_5838.jpg

Kribiはカメルーン最大の漁港であり、最も有名なリゾート地でもある。
前々から来たいと思っていたのだが、間もなくここに住む先輩隊員Mさんが帰国してしまうこともあり、急に思い立ってお邪魔しに行くことにした。

首都ヤウンデからバスに揺られて四時間。
まずはMさんの働く漁業センターへ。
RIMG0857.jpg

今日はちょうど水揚げの日だとかで、センターはとても賑わっていた。
RIMG0854.jpg
買った魚は併設されたレストランで調理してもらえるとのことで、Mさんに何匹かチョイスしてもらったら、知り合い特典でカニもつけてくれた。

ところで買った生の魚をお客さんたちがそのまま両手につかんで帰っていくのでうわあと思ったのだが、ここでは至って普通のことらしい。
でかい魚はそのままバイクの荷台にくくりつけて走っていたりもするのだとか。

さて、買った魚を「すぐに」食べられるレストラン、焼くだけなのに1時間かかるのはさすがカメルーン。
でも新鮮な魚をたらふく食べられて満足です。
RIMG0864.jpg

それからKribiの町をちょっと散歩し、海沿いのバーで時間を過ごした。

夜は、隊員の家がみな(クリビでは現在3名の隊員が活動中)断水中ということで、ホテルに泊まることにした。
フランス人経営の、貸別荘風のホテル。
海岸沿いで、中に小さなプールとジャグジー、フィットネスルームまであり、BBQもできる。
RIMG0867.jpg

おまけに一日8000FCFAでレンタカーも借りられるとか。
今回はそんな心づもりでなかった上に、水着も忘れてしまったが、大勢で泊まったら楽しそうだ。

明日は一日がっつり観光の予定☆
スポンサーサイト
【2011/01/15 20:28】 | 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<Kribi二日目 | home/a> | ネリカ研修@オンベサ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。