On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

国際ボランティアデー二日目

二日目。
昨日の反省を生かしてちょっと遅れて到着したら、カメルーン人を中心にだいぶ人が集まっていた(Tシャツがもらえるからか?)。

配布Tシャツはこんな感じ。
mini_RIMG0378.jpg
生地はペラッペラのスケスケです。

当初の情報では、かなりの長距離を行進するようなルート設定になっていたので、3時間くらい歩く覚悟をしていたのだが、ルートが短縮になったらしい。

各自に水が配られ、7時半行進開始。
横断幕を持って町中を闊歩する私たち。
mini_RIMG0385.jpg

一応オフィシャルなイベントなので、私たちのために道を空けるよう、憲兵が交通整理をしてくれる。
細い道で前からやってきた車を見て、「あいつらは待ってりゃいいんだ」と言い放つカメルーン人ボランティア。
「ボランティア」がそんなにエラそうでいいのか。
と浮かんだ疑問はさておいた。

大通りにでると、わざわざ私たちが通る場所だけ片側を封鎖してくれる。
(大統領が通る時に道を封鎖するってこんな感じ?
きっと彼には、他の人たちが被っている迷惑は想像できないだろうな。)

なんて考えながら歩いてたら、あっという間にゴール地点まで辿り着いてしまった。
8時10分。
みじか…。

各自にもう一本ずつ水が配られ、昨日に引き続きカメルーン人には「交通費」1000Fが支給された。
更に、なぜか行進が終わってから来たのにTシャツを受け取っているカメルーン人。
一人一本のはずの水を「足りない」といって6本パックごと持ち帰るカメルーン人。

昨日に引き続き、とっても???なイベントでしたが、ひとまず無事に終了。
めでたしめでたし。
スポンサーサイト
【2010/01/05 11:35】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<最後の晩餐 | home/a> | 最後のレッスン>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。