On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

細かいこと

日本って、製品とかサービスとか、本当にこれでもかというくらいかゆいところに手が届いてるよなぁ、と遠くにいる今とても感じる。
例えば、

☆サランラップ

日本のサランラップでストレス感じたことってありますか?
あるかもしれない。
でも、カメルーンに来て、一度でもサランラップを手にしたら、日本のサランラップがいかに高性能かということに気付くと思う。
まず、ラップ本体がとてもくっつきやすくて、くしゃくしゃになりやすい。
一度くしゃっとなってしまったら、またきれいに広げるのは不可能だと思った方がよい。

そして、カッター。
蓋を閉めて左手で押さえながら右手で少しずつ、むしるように引きちぎっていく。
これが基本。
もしくは、包丁で切る。
ちょっと力を入れたらパリッと一気に切れるというのが、いかにすごいことか。

ちなみに、ずいぶん前の話になるが、私がKediaに赴任した当日の夜。
キッチンの整理をしていたら、隣人が私の荷物の箱に入っていたサランラップを手に取り、勝手に筒状になっている片方を破いて開けた。
もともと切れにくい上に、片側だけ箱を開けられてしまったサランラップがいかに使いづらいか。
彼女は恐らく今までの人生でサランラップを見たことも触ったこともないのだろうと思うけれど…一瞬殺意が湧いた。

ちなみに今もその開けられたラップを使っています。


☆接客

私の知っている限り、この国にある一般的なお店において、「サービス」「接客」という概念は存在しないか、もしくは私が知っているのと相当違った形で存在している。
店員とお客の立場は、対等(良い見方をすれば、とってもフレンドリー)。もしくはひょっとしたら店員の方がえらそう。

例えば、売っている携帯を見せてもらっていたら、「その機種はすごくいい。最新で、とても高性能だ」と勧めてくるので、「じゃあこれでネットできるの?」と聞いたら、「使ったことないので知らない」と答える携帯屋。
"何ができるか"も知らないで、何を根拠に勧めてたの?

毎回、注文してから一時間半くらい食べ物が出てこない高級ピザ屋。
もちろんお待たせしましたの一言はなし。
だってその店ではそれがスタンダードだもの。

パンを注文すると、カウンターの上に投げてよこすパン屋。
(こっちのパン屋はどこも、商品はガラスカウンターの中か、店員の後ろに陳列されている)
代金を渡すと、お釣りも投げ出すようにカウンターに置かれる。
とってもだるそう~に働いている。
もっと気持ちの良い対応をしてくれれば、こっちも気持ち良く買えるし、またここで買おうっていう気になるのに。

ただ、首都ヤウンデでは、市場競争が厳しいからだろうか。
もちろんそんなパン屋以下の店や売り子もいるが、ちょっとまともな対応を受けられることが時たまある。

その中でも、昨日行った中華料理のレストランはなかなかだった。
対応は丁寧だし、食事が出てくるのも早い。
(どうやら中国人による教育が行き届いているようだ)
一品目の料理を運んできたカメルーン人のボーイは、テーブルの前に立って、料理を出す前に
「ようこそ、"レストラン中国村"へ」
とにこやかにほほ笑みながら語りかけてきた。

こんなの聞いたことない!と思わず大興奮の我々。

でも残念なのは、そのその時点で取り皿と箸が来ていなかったこと。
料理、先に持ってきちゃったね~、惜しい!

それから、仲間の一人がコーラを注文したら、
「大と小どちらになさいますか?」
と聞いてきたので、
「大で」
と答えたら、
「小しかございません」
と即座の回答。

さ、先に言えばいいのに!
とんだひっかけである。
「小で」って言うと思っていたのか?
その質問には一体何の意図があったのか?

ふと冷静な目で見てみると、この国では日常のあらゆるところに笑いが潜んでいる。

話が少しそれてしまったが、これに比べて日本の接客サービスがいかにレベルが高いか。
日常生活の中で、ちょっと比べてみてほしい。
スポンサーサイト
【2010/10/11 02:47】 | 日々のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<水の活動 ちょっと進展。 | home/a> | お化け屋敷>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。