On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

第一回石鹸セミナー

今日はCEACで石鹸作りセミナーを開催する。

村では洗剤やボディーソープなどの使い分けがなく、体も服も皿も全部石鹸で洗うので、その消費量がとても多い。
一世帯当たり、250gの石鹸(ほぼ立方形・7cm四方くらい)を、少なくとも週に2個は消費する。
村で普通に買うと石鹸一個が350FCFAするので、もっと安い材料で、自分たちで作れば家計の助けになるだろう、というのがこの活動の趣旨である。

以前に先輩隊員の開催するセミナーに参加させてもらったことがあり、また彼らが残してくれた資料もあるので、比較的簡単にできる活動ということで、前々からやりたいと思っていたのが、ようやく実現した。

今回のセミナーは、本当はディレクター主催のCauserie Educative(日本語で言うと、教育的談話…といったところ?)の中で開催しようということだったのが、ディレクターが旅行に行ってしまい、その上「祝日なのでCauserieはなし」なんて電話がおとといの夕方になってかかってきた。
しかし、私はもう既に何人かに告知してしまった後だったし、他に誰が知っているかも分からない中で、情報を知っている人全員に「やっぱりやりません」と伝達するのは困難であった。
ディレクターが旅行をしているのを知っている村人の中には、「どうやらセミナーはなさそうだ」と思っている人もいるようで、ちょっとしか人が集まらない可能性もあったが、「やる」と言った以上は自分ひとりでもやろう、ということで決行した。

(それにしても、彼自身が「この日にセミナーをしよう」と予定を組んで、日曜日に教会で告知までしたのに、直前になって「自分は旅行中だからやっぱりナシ」なんて無責任な話である。腹立たしい。その上謝罪の言葉もないのだ。彼に限らず、カメルーン人の口から謝罪の言葉を聞けることはあまりないのだけれど)

予定していた13時にはもちろん始まらず、最終的に14時半からの開催となった。
結局のところ集まったのは、友だち3人と、道端で声をかけた女性一人、それから、「みんなで来てね」とリーダーに頼んであった女性グループのメンバー15人、全部で19人。
少なすぎも多すぎもせず、なかなか良い具合の人数である。
(この状況を見ると、教会での告知には一体意味があるのだろうかと思ってしまうけど。)

さて、石鹸作りの方であるが。

作り方は特に難しいことはない。

?バケツに水を入れて、そこに苛性ソーダを溶かす。
?化学反応で水温が一気に上がるので、40度くらいまで冷めるのを待つ。
?それからパーム核油を加え、30分くらいひたすらかき混ぜる。
?均一なパテ状になったら型に流し込み、丸一日乾かしてから型から外して、好きな大きさに切ってできあがり。
ただし、苛性ソーダが強いので、使う前に四週間おく必要がある。

といいながら、実を言うと、私自身、やり方は知ってはいるものの、まだ自分で試したことがなかったので、ちょっとドキドキしつつの開催であった。

しょっぱなから、バケツの隅に小さな穴が開いていたために液体が漏れ出てしまうハプニング。
そのあとはどうにかなるかと思いきや、?のところで、30分以上経っても思ったようなパテ状態にならなくて、ちょっと焦ってしまった。
(表面に字を書けるくらいの硬さが理想なのだけど、そうならず、ゆるいまま)
参加者たちに「苛性ソーダが足りないんじゃないか、もっと溶かしたらいい!」と口々に言われたが、それでは講師としての信頼に関わると思い、「いや、これでいいんだ!」と(確信もなく)言い張って、「もう均一になったから」と言って、とりあえず型に流し込んでしまった。
ちょっと心配ではある。

本当は、私がデモをしたあとに参加者の誰かに私から材料を買ってもらい、実際に作ってもらう、という風にしたかったのだが、事前にその打合せをしなかったこともあり、そこまで至らずに終わってしまったのも残念である。

まあ始めてのセミナーだから、今回のところは、無事に終わっただけでとりあえずよしとしよう。

でも彼ら、説明はしたけれど、この活動のメリットを理解して、これから自分たちで作ってくれるだろうか…。
「(今回作った分を)みんなに分けて!」とか「安くあがるなら、買うから(あなたが)作って!」なんて言ってきたりするし。
分かってなーい!!!
私がやるんじゃ全く意味がないし、ただやり方をみせただけでもやっぱり意味がないのだけれど。

それから、なんだかセミナーに来るのが毎回同じ顔ぶれなのも気になるところだ。
たくさんの人と関わって活動したいのだけどなぁ。

悩みは尽きない。
スポンサーサイト
【2010/09/09 21:12】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
<<水と電気と道路 | home/a> | 村の通信事情...>>

コメント

私も石鹸参加したい!

ってゆうか、計画したところ
カメに行くのは再来年の2月か3月になっちゃいそうなんだけど
こまりさんは帰ってきてしまっているのかや?
【2010/09/12 08:35】 URL | もも #-[ 編集]
石鹸作り簡単だよー
楽しいよー

再来年の一月頭に日本に帰ってしまうよー
そんなに忙しいの?
じゃあ一緒にまた旅行で行く?笑
【2010/09/16 18:58】 URL | コマリ #wUpZTPhQ[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。