On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

Hさんがやってきた。

隊員仲間のHさんがKediaにやってきた。
彼は、西部州の、私と同じCEACで働いている。
先日ヤウンデで一緒にドライフルーツを見に行ったのだが、彼は、カメルーンに来るまで自動車のエンジンの設計の仕事をしていたこともあり、そっち方面のことが得意なようで、「村に帰ったら自分で作ってみる」と言っていた。

その設計図ができたので、ちょっと打合せをしたい、という電話が来たのがおとといの夜。
私はちょっと予定があって村から動けないが、もし来てくれるならいつでも歓迎、明日でもいいよ、と言ったら、本当に来てくれた。
(ので、本当は昨日来てくれる予定だったのだけど、私の都合で一晩Bafiaで足止めしてしまった)。

我が家でさっそく設計図を拝見。
「幅103cm」と書かれていたので、「これどうやって測ったの?(メジャーなんて持ってなかったのに)」と聞いたら、「あ、コレで」と手を広げて見せた。
その幅が23cm(だったかな?)らしく、彼はよくそれを基準に長さを測るらしい。
それに、時計の幅(4cm)などでも測れるとのこと。
な、なるほどーー。
「これ、スゴイ便利っすよ」とのことなので、私もとりあえず自分の手を測ってみた。
19cm。

しかし、ちょいちょいっとこんな風に設計図が描けるなんて、羨ましい。
相談の末、ちょっとした修正を加えて、とりあえず彼が自分の村で作ってみてくれることになった。
「改良かまどと合わせ技で使えるようにしてもいいかもしれないですね」という話にもなった。
なるほど、うまく行くかはわからないけど、それ面白い!

それから、ついでに村をご案内。
何にもないけど、と念を押して出かけたのだが、うちの前に横たわっている切り倒された大木を滑り台に見立てたり、川に興奮したり、道端に生えている植物を観察したりと、なかなか満喫してくれたようだった。
RIMG2842.jpg

来てくれてありがとう!
これに懲りずまた来てねー。
スポンサーサイト
【2010/07/23 23:03】 | 日々のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<棚が来た! | home/a> | ダブルブッキング>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。