On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

熱がまわる。

病院やら隊員総会やら職種の分科会などがあって、明日からまた一週間ほどヤウンデに行かなくてはならない。
その前にと、今度一緒に養鶏を始める予定の2つの女性グループのリーダーのところに、ちょっと打合せをしにいった。

養鶏に関しては、実は私はかなり不安いっぱいである。
まず、かなりの頭金が必要だ。
先輩隊員からの情報によれば、最初に18万FCFAくらいかかる予定で、育てた鶏は45日で売れるようになるけど、売ったお金でまたひよこを買って、というのを繰り返して、利益が出るようになるのは3回目くらいからの計算だとのこと。
18万は、女性たちにとっては相当な金額である。
一応、「これくらいかかるよ」という説明はしてあって、片方のグループは「どうにかする」もう片方は「とうもろこしを売った7万FCFAと、あとは銀行から借りる」と言っているのだけど。

かつ私も今まで養鶏どころか畜産の経験もないし、知識も、先輩隊員から教えてもらった情報しかないので、ちゃんと育てられるのか、そして売るとこまで行きつくのか、心配でしょうがない。
とりあえず、今週の木曜日にセミナーの後半がある予定なので、「私は出られないけど、そのあと、何匹でいつから始めるか、資金はどうするか、誰の家でやるのか、世話を誰がやるかとか、そういうことを話し合っておいてね」とお願いしておいた。

そしたら、片方のグループが「小屋にする部屋はもう決めた」と言うので、見せてもらった。
窓があって風通しも確保できそうだし、広さも充分あるので数が増えても育てられるし、悪くない感じがした。
不安はあるけど、実際女性たちが養鶏を始めて、大きくなって、売れて、お金を手にするというところまで行きついたら、それは嬉しいだろうなぁ。

それから、二つ目のグループのリーダーの家に行って、同じような話をした。
彼女のグループは、私が知っている限り、うちの村で一番活発に活動しているグループの一つで、彼女自身、私が最初に村を訪問した時からいろいろと世話をしてもらったこともあり、気安さもあって、一番最初の改良かまどづくりや、ジャム作りのセミナーも彼女の家で開催した。
彼女の家の改良かまどは、使い始めてからだいたい一ヶ月くらい経っているのだが、使い心地はどうだろうか。

このかまどに関して私が一番気にかかっているのは、三つあるかまど口のうち、左右の二つにあまり熱が回らない、ということ。
なので、もし三つの鍋を使って同時に料理する頻度がさほど多くないのであれば、いっそのこと口を二つにして、(節約できる薪の量は減ってしまうけれど)両方の口に薪を入れるようにしたらいいのかなぁ、などと思っていたのだけど。

ちょうど料理の支度時間で、使っているところを見せてもらった。
すると、ちゃんと三か所ともに鍋を置いている。
しかも、見ると左右もかなりの勢いで火が出ていて、しっかり熱が回っているようだった。
なので、「(真ん中の薪以外に)それぞれの鍋の下に薪を置いてるのか」と尋ねてみたのだが、置いていないという。
それぞれに薪を置かなくても、真ん中に薪を入れるだけでちゃんと火が回るそうなのだ。
使い始めた時、あまり中が温まらないのは、まだかまどの内部がしっかり乾燥してないんじゃなか、というような話をしていたのだが、実際そうだったみたいで、使い始めてしばらく経った今では、問題なく熱が回るようだ。

私としては、この点が「これからどう改良していけばいいだろう」とずいぶん頭を悩ませていたところだったので、これは、かなり嬉しい。
とはいえ、材料である土のブロックが、特に雨季である今の時期は手に入りにくい、という問題はまだあるのだが、今日見て、「作ってしまえば、かなりイイもの」と言えるようになったと思う。
これでこれから、今まで以上に自信をもってこのかまどの普及活動が進められそうだ。
よーし。
スポンサーサイト
【2010/07/05 19:51】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<Happy七夕★ | home/a> | 改良かまどづくり+火入れ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。