On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

二日目。

二日目の今日は盛り沢山だった。

朝一で事務所のスタッフとご対面&所長講話ののち、大使館に行って大使にご挨拶。

一旦事務所に戻って、今度は髄膜炎と腸チフスの予防接種を受けに現地の医療機関へ。

お昼は事務所で、マリークレールさんというおばちゃんが作る日本料理的なものをいただく。
mini_RIMG1043.jpg
味噌汁に、煮物!
おいしかった。まさかいきなり日本料理(的なもの)を食べられるとは。

午後は、銀行に行って口座開設。
mini_RIMG1045.jpg
しかも日本人のスタッフではなく、日本語話せない現地のスタッフが同行し、KTCのS先生のような、全身ピンクのエラそうな銀行員のおばちゃんに、できの悪い生徒のような扱いをうけながらどうにか無事口座を開設。

そのあとは、ヤウンデ市内の高級なスーパーに当面の食料品などの買い出しへ。
mini_RIMG1047.jpg mini_RIMG1046.jpg
公用車でお買い物できるのはこれが最初で最後、とのことなので、水や米など重い物を買い込んだ。
三人で買って、しめて約25000フランCFA。
高いのか安いのかよくわからないけど、その店はどうやら外国人とか金持ちしか行かない高級スーパーなのだそうだ。
日本円に換算すれば、その4分の一とかの値段だが、カメルーン人の感覚からすれば25000FCFA=そのまま25000円、くらいの感じらしい。やっぱり高いな。

あ、ちなみにヤウンデ(Yaoundé)はカメルーンの首都。JICAの事務所はヤウンデにある。
海沿いには、ドゥアラというヤウンデより発展した都市もあるが、治安が悪いため基本は立ち入り禁止。
mini_RIMG1044.jpg
街中の写真、いっぱい撮りたかったのだけど、なんだか日本よりだいぶ厳しい。
軍関係の施設は禁止、というのはあるみたいだが、それ以外でも、ただ景色として撮りたいだけなのに、写るのがいやなのか、ダメと言われたり。
先輩隊員曰く、隠し取りがうまくなるよ、とのことらしい。
もちろん仲良くなれば別みたいなんだけど。

帰りは渋滞につかまった!
mini_RIMG1048.jpg
市内は車もいっぱい。
まだあんまり出歩いてないし、ヤウンデしか知らないけど、けっこう発展してるなぁ、という印象。
村に行ったらまた別だろうけど。

夜は先輩隊員に中華レストランに連れて行ってもらった。
同期のEは中国語ペラペラなので、最初は「彼、中国語しゃべれるよ」と言っても「フーン」程度だった店員さんと、最終的にマブダチになっていた。すげぇ。
ちなみに彼はPC隊員なので、パソコン関係もめっちゃ詳しくて、よく他の隊員を助けてあげている。
もう一人の同期Yは、手先がめっちゃ器用で、髪も切れるし料理もできるし服も作れるらしい。
いいな!!!
私も何か特技がほしーーーー
二年間のうちに、ジャム作りとか石鹸作りとか得意になろう。

事務所から貸与された携帯(通話料は自分もち)。
mini_RIMG1050.jpg
なんか途上国行くとこういう携帯が多いのだけど、これ使ってみたかったんだ!嬉しい。

先輩隊員の手土産、ピーナッツの瓶詰。
mini_RIMG1051.jpg
カメルーンはピーナッツがめっちゃとれるらしいんだけど、コレはまる!
ちなみに瓶は完全にワインの瓶のリサイクル…というか、使い回しだよね。エコだ。

明日、あさってはお休み。
何しよっかなー
スポンサーサイト
【2010/01/09 00:03】 | 現地訓練 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
<<副作用? | home/a> | 到着。>>

コメント

ぶじ着いたみたいで
ヨカッタ!
これからが本番だけどひとまず長旅おつかれさまッ☆
【2010/01/09 17:54】 URL | もちうさ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。