On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

パリまでの長い旅、パリでの長い夜

いよいよ今日は日本を発つ日。
5時半頃に家を出なくてはならないので、4時に起きて身支度を整える。
準備は、バッチリ。
とは言えないけれど、一応なんとかなりそうな程度にはできたと思う。
部屋の整理整頓も、まぁ及第点もらえるくらいはやった。

今まで私が海外に行く時や長期で家を空けた時、一度もそんなことはなかったのに、父の運転する車で、母と妹も、最寄駅ではなく、近くの、成田行きの高速バスが出る駅まで送りに来てくれた。
中高時代は寮生活だったし、去年も3カ月山籠りしてたりと「家にいないことが多い娘」の私だが、もちろん二年間まるまる家を空けるのは初めてである。
母はカメルーンまで遊びに来ると言っているが、父と妹には恐らく会えない。
でも私が泣いたら多分みんな泣く。気がする。
家族の涙は見たくない。ちゃんと最後まで笑って手を振れてよかった。

さて、空港では一転、バタバタ。
同日出発の何人かと、見送りに来てくれた仲間たちとの感動の再開、も束の間。
先に送っていた荷物の受け取り、チェックイン(どうにか重量クリア。預け荷物一個につき23kgまでのところ、一個目は18kg、二個目は22.2kg!)、携帯の解約、まではまぁよかった。
手荷物検査で、生まれて初めてひっかかった。
旅慣れてる、とまではいかないものの、去年も一昨年も何度か飛行機乗ったにも関わらず…
出るわ出るわ。
カッターに果物ナイフ、工具セットについていた小さいナイフ。液体物では、歯磨きチューブにボディソープに魚の缶詰。
その検査の最中、キレイにパック詰めしてた大量の青汁の袋を鞄の中にぶちまける大惨事。
で、結局それらの物をもう一度手荷物に預けて、再度荷物検査を受ける羽目に。
おかげで、せっかくサービスでついてた「ラウンジ」初体験、し損ねた!
何やってるんだ私。

そしてブロイラー気分の約12時間の空の旅。
唯一の救い(?)は、滝川クリステルが同じ便に乗ってた!
バゲッジクレームで横から見ただけだけど、きれいやった。

パリについて、今夜は空港直結のホテルで一泊。
RIMG1027.jpg

明朝7時半に集合し、一路カメルーンに向かう予定。
でもせっかくのパリ!
ということで、夜6時近くにみんなでパリの街へ繰り出すことになった。
電車で一時間近くかけて、シャンゼリゼ通りで降り、凱旋門まで歩く。
前に一度来ただけだけど、やっぱりフランスの男の人はかっこいい!!
でも、明日から常夏の国に行くというのに、くそ寒いパリ。
凱旋門の近くで写真を撮ったら、ものすごい早足でメトロへ駆け込み、ホテルへ戻る。
どうせ、スーツケースにはミクロの余地もないし、買い物してもしょーがない。

ちなみに今、パリは1/7の午前0時半。
時差が8時間だから…飛行機の中でちょっとは寝たけど、一体何時間起きてることになるんだろう。
計算したくないな。

明日はいよいよ、カメルーン入り!
何が待ってるんだろう。
そして、パリまで一緒だった、ニジェール、ブルキナファソ、ガボンチームのみんなとも明日でお別れ。
さみしーなー。
でも、とりあえず、眠い。
おやすみなさーい。
スポンサーサイト
【2010/01/07 00:30】 | 出発前 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
<<到着。 | home/a> | 最後の晩餐>>

コメント

昨年ま3月までヤウンデ、現在ブルキナファソです。
7日、パリ発AF732でワガドゥグ(ブルキナファソ)までのフライトに搭乗、ブルキナ隊員も一緒との情報があったので、気にしていましたが、乗ってませんでした。
途中のニアメ(ニジェール)で隊員らしき女の子が最後の乗客で降機し、ちらっと眼があったのですが聞きそびれました。
何か情報があれば教えてください。

カメルーンの治安は良いとはいえません。
夜道の独り歩き、危険地域での散策は厳禁ですよ。

2010年の隊員のみなさん、がんばって下さい。応援してます。
【2010/01/08 03:08】 URL | tot #-[ 編集]
ありがとうございます!

ブルキナの件は…特に情報はないのですが、何かあったんでしょうかねー??
【2010/01/09 00:22】 URL | コマリ #wUpZTPhQ[ 編集]
ブルキナのJICAに確認したところ、搭乗予定機の予約過多(オーバーブッキング)により、翌日便に回されてしまったとのことです。翌8日、御一行様無事到着です。
マリーは私の元女中さんでした。天ぷら料理が得意で、他の日本料理は「もどき」だけど、味は申し分なしでした。よ。
カメルーンの語源は「海老」です。海老の天ぷらなどオーダーしてみれば?
次回、隊員総会などで会う機会があればメールアドレスの名前で、よろしくお伝えください。
では、任地でのご活躍を祈りつつ、ガンバレぇ~!
【2010/01/09 03:25】 URL | tot #-[ 編集]
>totさん

そうだったんですか?!
でも何はともあれ、無事着いたとのことならよかったです♪
情報ありがとうございます!

マリーさん、海老の天ぷらも作れるのですか?
すごい!
でも、彼女の料理を食べられるチャンスはあんまりないよ、と先輩隊員に言われました^^;
機会があればぜひお願いしてみまたいです☆
【2010/01/09 22:05】 URL | コマリ #wUpZTPhQ[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。