On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

ガスを買いに。

昨夜、夕飯はスパゲッティにしようと思ってお湯を沸かしていたら、途中で火が消えているのに気がついた。
どうやらガスが切れたようだ。

ここカメルーンでは(まして私の住むケディアでは)日本のように都市ガスが通っているはずもなく、料理に使う火はガスボンベに頼っている。(ちなみに村人はほとんど薪である)
赴任して半年ちょっと、そのガスがついに切れてしまった。
(先輩隊員の話ではもう少しもつようだったが、元栓をあまり閉めていなかったり、時間のかかるジャムを何度か作ったりしていたからだろうか)

ガスが切れたらどうするかというと、このガスボンベをしかるべきところに持って行って交換してもらうのである。
RIMG3048.jpg
しかるべき場所というと、私の場合、片道約1時間かかるBafiaまでいかなければならない。
(隣町のBokitoでも買えるとのことだったが、運悪く在庫切れであった)

で、このボンベがなかなか半端ではなく重い。
ガスが入った状態なら、軽く10kg、下手したら20kgくらいあるんじゃないだろうか。

別にずっとかついでいくわけじゃないから重労働というわけではないが…
突然火が使えなくなったらろくに料理もできないし、お湯も沸かせない。
そしてこの状態を解消するために、なかなかこないMotoをやきもきしながら待って、更に8人乗りのTaxiに乗って帰ってこなければならないのである。(しかもガスボンベのおかげで追加料金まで取られる始末)

これに比べたら、お金さえ払っていれば水だけでなくガスまで各家庭まで管が通っているなんて、日本の普通の状態がまるで奇跡のようだ。

日本のように発展するのが必ずしも理想とは限らないかもしれないけど…
やっぱり、便利だよなぁ。
スポンサーサイト
【2010/08/31 19:44】 | 日々のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
次へ

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。