On continue!
カメルーンで青年海外協力隊として活動するコマリの日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

最後の授業

日本の小学校の子どもたちが、千羽鶴とちぎり絵と日本の小学校の様子などを紹介するDVDを作って送ってくれたので、村の学校でお披露目をすることにした。

本当は先月末の実施を予定していたのだけど、直前になって二度目のマラリア疑惑?で村に帰ってこられなかったので、急遽延期。
子どもや先生には迷惑をかけてしまいました。
(ただ、39度越える熱が出ましたが、ほんとにマラリアだったのか、実のところは不明。
でも日本ではないので、色々ビクビクしてしまいます。)

で、夏休み中な上に、急遽延期したので、子どもたちがちゃんと来てくれるか不安だったのだけど…きたきた!けっこう来た!!
0708 (1)

最終的に30人くらいの子どもがやってきてくれた。


まずはさっそくDVDを紹介。
本当はプロジェクターを使って大画面で見せる予定だったのだが、当日繋げてみたら映像が映らず、急遽小さなパソコンの画面で見せることになってしまった。
0708 (7)

見えないんじゃないかと心配だったが、それでも子どもはなかなか熱心に画面に見入ってくれている様子だった。
0708 (5)


これまで私はここケディアの学校で活動をするときは毎回このクラスに来ていたのだが、彼らは6年生なので、もう私が授業をするのも今回が最後になる(カメルーンは9月始まり)。
ということで、最後にちょっと難しいチャレンジをしてもらおうと、今日は折り鶴に挑戦してもらうことにした。
といっても、折り紙をほとんどやったことがない子どもたちにとって、鶴はかーなりハードルが高い、とこれまでの経験上分かっているので、今回他の隊員にもお願いして、ヘルプに来てもらっている。

子どもたちに折り方の説明をする役目は、小学校隊員のAちゃん。
0708 (2)

一手順一手順、きっちり説明していくAちゃん。
そのおかげで、おお、子どもたち、かなり上手に折れている!
0708 (3)

そして、ほとんどの子が、もちろん手助けをしてあげながらではあるが、ちゃんと最後の羽を広げるところまでたどりつくことがができた。
0708 (4)

これ、かなり奇跡に近いです。
Aちゃんすごい!ありがとう!!!

最後に何人かの子どもたちに、日本の子どもへのメッセージをカメラの前でしゃべってもらって終了~。
0708 (6)

子どもたち、楽しんでくれたかな??
私は楽しかった!!

ケディアには小学校より上の学校はないので、9月からはほとんどの子がよその町に移ってしまい、もう多分ほとんど会うことはないだろうと思う。
これまでの何度かの授業が、彼らの心にちょっとでも残っててくれたら嬉しいなと願いつつ。

元気で成長してね。
スポンサーサイト
【2011/07/08 20:35】 | 活動 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

【NERICA】“出穂走り”

しばらく村を空けて帰ってきたら…
0630 (2)

ネリカさん(肥料ありの方)が出穂(しゅっすい)し始めてるではないですか。
0630 (3)

種まいてから二カ月とちょっと…。
0630 (4)

ここまで来た~!
0630 (5)

ということで、さっそく友だちと鳥対策を設置することにした。

ほんとはネットを張れたら一番だけど、普通の農民にそんな余裕があるはずもないので、簡単な対策を。

①テグスのような細いヒモを畑の上に張って、鳥が近づいてきたらひっかかるようにする。

②友だちの提案で、白い紙をそのヒモにぶらさげる。イヤがるハズだとのこと。

③防鳥テープなんて小洒落たものは売ってないが、それに近い感じのキラキラ反射する紙テープを発見したので、そいつも張ってみる。
0630 (1)

さーて、こんなのにだまされてくれるだろうか。
【2011/06/30 12:21】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

【NERICA】近況報告

播種から約6週間。
近頃のネリカちゃんといえば。

このへんが肥料なしエリア。
0601 (1)

肥料ありエリア。
0601 (2)

化学肥料の力、侮りがたし…!!!
【2011/06/01 11:30】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

幼稚園訪問

三日前に出席した近所の村の幼稚園の修了式で、Kediaの幼稚園の園長さんに会った。
「もちろん私の幼稚園の修了式にも来るわよね?」と言われたものの、予定が入っていて出席できない、ごめんなさい、とお断りしたところ、「じゃあいつ私たちの写真を撮りに来るのよ?!」と言われてしまった。

こっちの人、特に村の人は、しょっちゅう「写真を撮ってくれ」とせがんでくる。
「カメラマンじゃないんだから!」と言いたくなるが、カメラを持ってる人なんてわずかなので、自分の写真を手に入れるのってかなり難しいことなのだ。
なので、気が向いたら撮ってあげることにしている(でも現像する場合はちゃんとその分お金払ってもらう)。

ということで、とりあえず写真を撮りに行ってあげることにした。

さて、幼稚園に着いて中に入ろうとしたところ、例の園長さんが子どもをムチでビシバシ叩いてる場面に遭遇してしまった。
叩かれてる子ども、当り前だけど火がついたように泣いている。

何度かみたことあるけど、本当にこれだけは慣れられない…。

で、声をかけると、何事もなかったようにケロリと応対するのである。
私の方も、何を言ってあげることもできないわけだが。

とりあえず、気を取り直して撮影開始。

部屋の様子。
0531 (1)

年少さん。
0531 (3)

0531 (4)

年長さん。
0531 (2)

0531 (5)

以前に遊びに来てくれた幼稚園隊員のYちゃんによれば、これでかなりモノは揃っている方らしい。
こんな綺麗な椅子やベッドがあるのはかなり貴重なのだそうだ。

撮影のあと、以前Aさんに教えてもらった「落ちた落ちた」をやってあげたところ、すごく喜んでくれた。
よかったよかった。
苦難も多いと思うけど、強く生きるんだよ。
【2011/05/31 15:51】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

修了式@幼稚園

近くの村の幼稚園の修了式に、お呼ばれして行ってきた。

朝から開始と聞いていたが、例のごとく、始まったのはお昼の12時を過ぎてから。

白の一張羅を着せられた子どもたちが、今年幼稚園で習ったことの発表や、歌やダンスなどのお披露目をするというのがメインの内容。
0528 (1)

0528 (2)

かわいいはかわいいんだけど、やらされてる感がバリバリでちょっと痛々しい…。
台詞とか、ほんとに理解してしゃべってんのかな?

ダンスの発表では、子どもよりもはりきって踊る先生たち。
0528 (3)

子どもたちの前にお皿が置かれて、出席者たちがお金を投げ入れる。
財政難なのかもしれないけど…ちょっと、見世物状態??

最後は子どもたちに文房具が授与されて、4時間弱でようやく式修了。

後半は疲れて寝ちゃってる子も少なからずいました。子どもも大変だ。
【2011/05/28 20:34】 | 活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
次へ

プロフィール

コマリ

Author:コマリ
青年海外協力隊として、2010年1月よりカメルーンへ派遣。職種は村落開発普及員。

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。